Previous Memo

Previous Memo
2017年02月06日
久しぶりにトラブルが起こりました。 Windows10 Proをお使いの方で 最近UPDATEを
された方に デジサイトにアップする最中に 最後のところで 緑のプログレスバーが止まり
場合によっては エラーメッセージが出て MACROのブランク窓が立ち上がります。
現在 世界で2局、 日本で1局に出ています。 共通点は どうも 無線ランやケーブルTVの
インターネット回線を使っておられる方で 通信速度が比較的遅い場合に生じるようです。
また、デジサイト英語版(今はこれしかない)を使うと これはVB5.0で作成されたプログラムで
コントローラーと同じ系列のもので PC起動と同時に バックグランドでレポート用の通信プログラムが
作動時ます。 また、インターネットメールを立ち上げている時も同じで すべて 共通の通信用の
Windows付属のソフトを使っています。 これが同時に起動すると コントローラのデジサイトアップの
バックグランド実行に競合が生じ エラーが起こるようです。 現在、修正プログラムを作成しW局とテストを
して 良好な結果が得られました。 日本ではほとんどの方が 光回線と思われますので このようなことは
起こらないと思いますが 万一起こった場合は 開発中のプログラムリストから 06B_Feb_2017をお使いください。
インストール後、 コールのインプット部をダブルクリックすると FTPS Mode と Active と言う チェックボックスが
出ますので 両方にチェックを入れてください。 QSL.netではActiveにチェックを入れなくても大丈夫ですが
うずしお の場合は入れないと 画像が半分なくなるとか 画像にいろいろ模様が出るようです。
他のサーバーについては テストしておりませんのそれぞれのケースでActiveにチェックを入れるかどうかを
判断ください。


2016年10月08日
今朝も うずしお サーバーが止まっていました。 サーバーマシンは動いていましたが
WEBサーバーとFTPサーバーのプログラムが停止の状態でした。
デジサイト用サーバーとして利用されている方も多く 場合によっては 画像プログラムが
使えなくなってしまうこともあります。 うずしお の 運用如何に関わらず プログラムを使用できるように
修正中です。 なお、うずしお 停止中は HYBRID だけに なりますが デジサイト用で
うずしおをお使いの方は 受信は出来ますが デジサイトへの転送はしません。
デバッグ中ですので もう少しお待ちください。


2016年10月07日
昨日は午前から午後にかけて少なくとも3回うずしおサーバーが停止しました。
多くの方がデジサイト用としてうずしおサーバーを利用されておられます。 うずしおサーバー停止中は
デジサイトにアップロードしないようにプログラムを改造s デバッグ中です。
また、URLマスターについても 見直しを掛け下記にあるよう整理しました。

2016年10月06日
今朝 うずしおサーバーが停止していました。 多くの方がうずしおサーバーを利用されておられますので
コントローラーも うずしおが停止すると 動かなくなります。 うずしお停止中にも コントローラが
動くように プログラムを修正しました。 ただし、 うずしおをお使いの方は デジサイトや
MyServerは使えなくなるので デジサイトのアップロードや画像のアップは停止してもらわなければ
なりません。 受信のみができるようになります。 うずしおをお使いでない方は
問題ありません。 プログラムは他の改良点をデバッグして 公開します。

2016年10月01日
昨日は失礼しました。 近くの工事現場で わが町に入る光ケーブルが午前9時30分ごろ切断され
町全体のインターネットがダウンしてしまいました。 したがって コントローラーの
サーバーが接続できず Who is On Air にチェック入れても くるくる回るだけで
アクセスできなくなってしまいました。 サーバーを切り替えようにもインターネットがつながらないため
出来ない状態でした。 復旧が一日の午前中になりそうとの連絡があり
運用停止を最小限にするため 近くの道の駅で 無料Wifiから修正するしかないと
道の駅 いたこ まで出かけて サーバーの設定し直しを やったのが 15時ころでした。
まあ、光ケーブルが切れるなんて 想定外の出来事で 少々 驚いていますが
2度起こることも考えられますので それなりの メンテプログラムは 考えて
別な方に頼んでおく必要がありそうです。 現在は光ケーブルの再敷設も終わり
元の状態に戻りました。 

2016年01月17日
今日の朝 サーバーが止まり大変ご迷惑をおかけしました。 最近、 EasyPalが少し
活気が出てきましたが そうなると どうしてもLIVE CAMERAを動かしたくなりますよね。
ところが、 多くの皆さんお使いの無料サイトの接続条件が 厳しくなり
具体的には 一つのIPアドレスからは 1つの接続しか出来ないようになっています。
Web Live Cameraを動かすと EP-Cam で 1秒ごとに画像がアップされますので
殆どつなぎパなしになります。 このとき、 デジサイトや PHOTO HTMLへ送るサーバーも
同じであれば 1つしかつなぎこめませんので 使えなくなります。
殆どの方が 同じ無料Webをお使いのようですので 複数接続でサーバー側に
負担がかかったのかもしれません。 Web Live Cameraを動かすには
JT65やEasyPalデジサイト用のサーバーとは異なるものにしないといけないようです。
まあ、無料ですので 仕方がないですね。 どうしても Web Live Cameraを
動かしたい場合は 別途のサーバーを契約するか、 自宅にサーバーを設置する
方法しかなさそうです。 JL1FQZ局、JA0AYH局、JA7ESW局、 当局も
自宅にサーバーを設置して動かしています。 古いPCで Win7やWin10には使えないPCを
お持ちの方は JA2GZZ局のサイトに詳しく出ていますので ご参照ください。
因みに 当局は Win XP用 AMD Athron64 シングルコア 1.8GBを使っていますが
問題なく動いています。 ぜひ、 お試しください。
2015年12月27日
米国では日本のように光ケーブルによる通信ではなく ほとんどがケーブルTV用の回線を
インターネットとして使われておられる局が多いようです。 そのような環境でうまくアップロードが
出来るように いじくりましたが 逆に日本ではエラーになる場合が出てしまいましたので
個別に設定できるように28Bを出しました。

2015年12月10日
JT65-HF HTML Front が 「Sorry !!! Can't start this program」と出て起動できない場合は
コントローラーのフォルダーの中にある 「jt65-front」 フォルダーにある front.txt を削除してください。
このファイルは フロントのいろいろな設定値を記憶するもので その中身が壊れた場合に起こります。
削除すると初期値に戻り 起動が出来ると思います。 
フロントプログラムを終了すると いろいろな後処理をしていますが このとき同時にWindowを停止させると
このような現象が起こります。 コントローラーやフロントを完全に停止後 
Windowをシャットダウンしてください。


2015年12月4日
JT65-HF HTML Front の HB9HQXとのリンクでトラブルがあります。 うまくリンクができず
くるくると回ることがあります。 当方でも 同じ現象が起こっていますが、 どうも Skype が 立ち上がって
いると このようなことが起こることがあるようです。 当方では まず Skypeをログアウトして
再度 実行すると すぐにリンクがつながるようです。 どうも Front と Skypeが競合して
いるようです。 リンクがうまくできない場合にお試しください。
2015年11月26日
ご存知と思いますが EasyPal HYBRID モードでは EasyPalでサーバーの情報を送信しそれを受信者が
その情報をもとにサーバーより画像等をダウンロードします。 このあたりをテスターとして
エリックさんと議論したところですが なかなか頑固で 受け入れてもらえませんでした。
現在、 EasyPalサーバーは動いていますが 他のサービス用として動いて EasyPal用には
サービスが停止しています。 当方の提案した 方法を実際にプログラムに組み込んでみましたので
興味がある方はお試しください。 自前のサーバーを持っていることが前提ですが
お持ちのない方も是非 これを機会にお持ちになることをお勧めします。
なお、 CMD MODE は HYBRIDは使わず 通常のモードで行います。 応答は相当早いと思います。
そうそう 7.172MHzはなんでも良いのですが CMD MODEはOKにしたいと思いますが 如何でしょうか??
興味のない方には7.175MHzでは逆に迷惑になるかもしれないからです。 いずれにしろ、
時間があれば 両方ワッチしています。 

2015年11月22日
HB9HQX Editionは最新版に変更します(Nov 22 2015バージョン)

2015年11月20日
HB9HQX Editionとコントローラーおよびフロントと連携を強化したプログラムを試作中です。
下記よりダウロードして コントローラー、フロントおよびHB9HQX Editonを入れ替えてください。
お試し版です。
JT65-HF Controller/Front セットアップ
HB9HQX Edition 修正exe
入れ替えた後、すべてのプログラムを起動後 HB9HQXの操作を次のように行ってください。

・Image Controller にチェックを入れる → Controller Menuが開きます。
・Auto Checkにチェックを入れる → コントローラーあるいはフロントから送られた画像の種類を自動判別する

これで準備はOKです。 次に コントローラーあるいはフロントから送信する画像を転送してください。
Controller Menuの右下に送られたが王の種類が表示され 押すべきボタンが 押せるようになり
間違ったボタンを押せなくなります。 QSOモードの場合は CALL/QSOと表示され
CQ、 Report、 73のボタンのみが押せるようになります。 これで送信が楽になるのではと
期待しています。


2015年11月14日
通常QSOで画像交換するにはある程度JT65のQSOに慣れていないこと手こずる場合があります。
そこで HB9HQX Editionに Image Controller用のメニュを入れて使いやすいように改良中です。
選択できるボタンは ”CQ" ”REPORT" ”73” ”Free" の 4つの機能に絞り HTML Frontとの
連携により コールやSNRレポートの取り込みをさせています。

2015年11月02日
ここ最近の画像の傾向を見ていますと海外および国内を問わず HTMLによる組み写真が人気で
画像の70%程度を占めています。 やはり ストリー性のある画像が面白いですね。
このコントローラーでも通常のQSOベース CQ や レポートの文字通信でも 現在はHYBRID画像の
送受信ができるようにしてありますが、 現在、通常のQSOでも HTML MP4 WMVの送信が可能なように
プログラムを修正中です。 これにより CQ JQ1HDR QM99 で HTML/MP4/WMVを CQ画面として
送ることができます。 GIF、MP3、MOV、MTSやその他についてはHTMLにリンクして頂ければOKかと
思います。  なお、自前のサーバーをお持ちでない方は HYBRIDモードのみとなります。 
もうしばらく デバッグします。 リリースはもう少しお待ちください。

2015年10月30日
本j津早朝、うずしおサーバーが停止し コントローラーで使用しているマスターデーターが読めなくなりました。
これが読めないとコントローラーは動かなくなりますので停止の場合は、別のサーバーに自動的に
切り替えるようにしました。 当方ではデジサイト用としてうずしおサーバーを利用していますが、
最近スピードが遅くなったり 途中で切れたりで あまりうまく動いてくれませんでしたが 今回の再起動により
スピードは上がりトラブル等もなくなった感じがしています。


2015年10月16日
Windows10で7MHzで使っているPCに頻繁にエラーが出るので 調査したところ どうもWin10そのものが
特にネットワーク関連が 壊れているのではと疑念を抱き Win10の再インストールを試みました。
Gogoleで Win10 Download で検索すれば Win10のシステムディスクを作れるサイトに
たどり着くと思います。 そこで ISOファイルをダウンロードし DVDに書き込んで 再インストール
したところ全く問題はなくなりました。 やはり Win10が壊れていたようです。 ISOファイルは圧縮ファイルで
私の場合は 圧縮・解凍ソフトExplzhが入れてあるので ISOファイルの右クリックでISOビューアを開き
ツールでISOイメージの書き込みでDVDの書き込みが可能となります。 再インストールも 
すでにある個人のファイルを残すとやるといろいろなプログラムの再インストールは
必要ありませんので便利です。 エラーでお困りの方はお試しください。


2015年10月14日
Windows10をUpdateしたら急にエラーが出るとの報告がありました。 とりあえず エラーを
逃げるように処理しましたが まだ 起こる可能性があります。 Windows10のテスターによると
そのほかまだ不具合があるようで MSにレポートをしているところのようです。
EasyPalに新しい機能を追加しました。 詳細はもコマンド集のもろもろ雑感をご覧ください。


2015年10月03日追記
WB3JSW/Daveさんより彼の作成した34種類のHTMLテンプレートを送ってくださいました。
皆さんで使ってくださいとのことでダウンロードできるようにしておきました。
Daveさんありがとうございました。


2015年10月03日
フルスクリーンスライドショーに5枚と8枚のテンプレートを追加しました。 遊んでみてください。 
スライドの間隔を短くするには テンプレートの中の duration: 4000  のところを 4000 mmSec すなわち
4秒を例えば2000にすると2秒になります。



2015年9月30日 追記23:00
また、先ほど G0HDI/Brianさんよりメールがあり 21MHzでJAからの信号が良く入っているので
画像を送ってくださいとのことです。 因みに、 Brianさんは 現在 GP ANTで モーターで
コイルの部分をスライドさせるものだったと思います。 18MHzでつながったときは 庭の木に
投げかけた 10mくらいのワイヤーANTをお使いでした。 21.077MHz/USB JT65モードです。
皆さん トライしてください。



2015年9月30日
アメリカではHTMLによるQSOが盛んなようでKC1CS局/ジムさんから8枚を入れる方法を教えてほしいとの
メールが届きました。 現状でもFree Pictureを使えばできるのですが 手数がかかりますので
8枚スライド画像を一度に取り込めるようにしました。 一枚一枚ではなく複数の写真を同時に
送信する、所謂、組み写真です。これもストリー性があり面白いですね。 写真の準備がたいへんですが、、、、
ようやく DXバンドのコンディションが戻りました 今日もEU方面、米国西海岸が良く入っていました。
HTML MACROについては少し複雑だったので 簡単に出来るように <MYPIC>、<SLIDE1-8>等
簡単にしてすべて展開できるようにしました。 そうそう、 EasyPalですが HTMLで動画を送ると
EasyPalの中で再生してくれますが、 それをそのまま Clear で消すと音がで続けるようです。 
クリアする前に停止をするようにすれば音は残りません。 このあたりがまだEasyPalのバグで
残っているようです。
2015年8月31日
渦潮サーバーが止まりました。 現在は動き出したようですが 動くがまだ正常ではないようです。
デジサイトにアップするところで時間がかかるようです。


2015年8月31日
ここ最近 太陽活動ためか頻繁に磁気嵐が起こり すべてのバンドでコンディションが最悪の状態に
なっています。 暇なので 決して他のプログラムに直接アクセスするまいと決めていましたが、 EasyPalは
Erikさんがなくなられており バージョンアップがない状態になっています。 まあ 良いだろうということで
JT65-HF HTML Frontから直接 EasyPalに送り込めるようにやってしまいました。
送り込める種類は EasyPal Hybridモードで 画像 と HTMLです。 JT65-HF関係のソフトは
ほぼ完成に近づいたので 次のバージョンアップがいつになるかわかりませんので
使ってみたい方がおられましたら連絡ください。 EasyPalが非常に静かですので ついついやって
しまいました。 7.172MHzで EasyPalや音声はOKですのでどんどん出てください。


2015年8月31日
WおよびJA各局よりいろいろな要望が寄せられて 現在 Sept 01Bバージョンをテストしています。
大きな変更点はありませんが その内容は下記のTOPICSを参照ください。


2015年8月13日
通常のQSOでの画像交換はうまく働いてくれていますが、 DXバンドでのQSOをすると
通常のJT65のQSOをしている最中に 画像がデジサイトに上がってしまいます。 通常のQSOですので
画像は変更していないので 同じ画像が上がることになります。 そこで 通常QSOをしているときは
画像の受信と受信レポートは返すが デジサイトにはアップさせないという選択をつけるようにしました。
現在、テスト中ですが次回にバージョンアップに反映させたいと思います。
方針を変更して HYBRIDモードで前に受信した画像と同じ画像はデジサイトにアップロードしないように
変更中です。


2015年8月10日
デジサイトは 画像がアップロードされたときのみ 画像のリロードが掛かるようにプログラムされています。
"on air" や "off air" と表示されているときは 時間が来ても 画像のリロードはしないように
なっております。 これらのコントロールをするためには 画像アップ時にある処理が必要で
JT65-HF Image Controllerからうまくコントロールできております。 再々のリロードは
デジサイトが重たくなりますので 受信したときのみのリロードが本来の機能となります。
そこで 画像の大きさを300kBに制限していましたが リロードコントロールがうまくいっているので
400KBまでOKにしました。 JT65 Image Contorollerkara適切な処理を行いますので
デジサイトが重たくなることはありません。

2015年7月31日
通常のQSOで銅の様にやるのかが分かり難いので 下記にその手順を 書いておきましたので
ご参照ください。使用するJT65のソフトにより ボタンが異なるので ご確認の上 利用してください。
当然ですが Free Message による従来のコマンドを切り替えることなく使用できますので
途中で使用くだされば盛り上がる交信になるのではと思います。 QSOの組み合わせは皆さに委ねられて
いますので 多いに楽しんでください。 兎に角 余り固く考えず 画像を楽しむのが先決ですよ。

2015年7月26日
しばらく お休みをいただきました。 綺麗な空気のところで考えると 良いアイデアが浮かびましたので
早速、修正してテストしています。 なお、下記にあるよう ある局との約束で 色々 JT65のレポートに特殊な
コマンドやCQ等を使うことは 出来ませんので 全く異なる JT65の通常QSOをやって頂ければ
画像交換が出来るようになっており このプログラムオリジナルのものです。 基本的にはすべての画像は
HYBRIDモードになります。 CQやレポート、73の画像をHYBRIDで送って頂ければ 通常のQSOで
これらの画像が表示されます。 ただし、 Who is On Airに チェックを入れられている局のみと
なります。 途中で HTMLや動画等を送る場合は 従来のコマンドを送って頂ければ 切り替えの
必要もありません。 サンプルは下記の様になります。 Who is On Airにチェックを入れて
> CQ JQ1HDR QM05  ---> JQ1HDRのHYBRID 画像が受かります。
< JQ1HDR XX1XXX XX99  ---> XX1XXXのHYBRID 画像が受かります。
> XX1XXX JQ1HDR -11   ---> JQ1HDRのHYBRID 画像が受かります。
< JQ1HDR XX1XXX R-09  ---> XX1XXXのHYBRID 画像が受かります。
> XX1XXX JQ1HDR RRR   ---> JQ1HDRのHYBRID 画像が受かります。
< JQ1HDR XX1XXX 73  ---> XX1XXXのHYBRID 画像が受かります。
> XX1XXX JQ1HDR 73   ---> JQ1HDRのHYBRID 画像が受かります。
途中で従来のコマンドを送ってもOKです。 これだと 通常のQSO通りですので ログに登録し
eQSL や LoTW へのデータもそのまま使えるので 便利です。 JT65-HF Image Controllerを
起動しておけば CQを出してやれば 相手に画像が受かりますし 通常のQSOも可能です。
もう少し、デバッグや要望事項がいろいろありますので それらを織り込んでバージョンアップしたいと思います。
QSOは少し忙しいですが のんびりで良いと思いますよ。 此方でプログラムを動かしておきますので
HYBRIDに画像を送り込んで 通常のCQを出してみてください。 此方で受けた画像がデジサイトに
アップされると思います。 


2015年7月13日追記

先日、ある局より 独自のコマンド体系を採用してほしいとの依頼がありましたが、 当方のプログラムは
JT65-HF、 JT65HF-HF HB9HQX Edition, JT65-HF Confort、WSJT10, WSJT-X および PSKに
対応しています。それらをすべて変更することは不可能に近いので お断りしました。 
また、 その体系を使う場合は此方で採用しているコマンド体系は除かれていることを
お約束願っていますので 全く互換性のないものになっています。
ユーザーの皆様におかれましては 申し訳ありませんが 用途に応じて使い分けて頂くようにお願いします。



2015年7月13日
再度掲載します。
そうそう、7.172MHzですが 規定では何でもOKのバンドプランとなっていますが、 いつの間にか
音声やEasyPal等の信号が駄目な様な雰囲気です。 確かに、 EasyPal と現在のモードではPCからの
信号レベルが違うので 調整にわずらわしさがありますが、 そこはアマチュア精神で インターフェースを
工夫して頂く様にして頂いて 運用するしかないのではと思います。 余り長話はいけませんが
その時は空いている上の周波数に 移動するとか 困る話だとSkypeにするとか
運用の方法はあるように思います。 いろいろな技術的な話だと 結構 皆さん 狸されていて
役に立っているようですよ。 此方は臨機応変に対する予定です。


2015年7月11日
フルスクリーン動画の受信した場合の画像表示方法ですが 下記の様にしてください。
これは HTMLを利用していますので いろいろなリンクを制限しているので それらを設定で変更
が出来ます。  コントローラーの HTML RX タブに行ってください。
受信HTMLリストの下に No META HTML と No JAVA Popup New Page と 
言うチェックボックスがあります。 これらの機能は


2015年7月13日追記
先日、ある局より 独自のコマンド体系を採用してほしいとの依頼がありましたが、 当方のプログラムは
JT65-HF、 JT65HF-HF HB9HQX Edition, JT65-HF Confort、WSJT10, WSJT-X および PSKに
対応しています。それらをすべて変更することは不可能に近いので お断りしました。 
また、 その体系を使う場合は此方で採用しているコマンド体系は除かれていることを
お約束願っていますので 全く互換性のないものになっています。
ユーザーの皆様におかれましては 申し訳ありませんが 用途に応じて使い分けて頂くようにお願いします。


2015年7月13日
再度掲載します。
そうそう、7.172MHzですが 規定では何でもOKのバンドプランとなっていますが、 いつの間にか
音声やEasyPal等の信号が駄目な様な雰囲気です。 確かに、 EasyPal と現在のモードではPCからの
信号レベルが違うので 調整にわずらわしさがありますが、 そこはアマチュア精神で インターフェースを
工夫して頂く様にして頂いて 運用するしかないのではと思います。 余り長話はいけませんが
その時は空いている上の周波数に 移動するとか 困る話だとSkypeにするとか
運用の方法はあるように思います。 いろいろな技術的な話だと 結構 皆さん 狸されていて
役に立っているようですよ。 此方は臨機応変に対する予定です。


2015年7月11日
フルスクリーン動画の受信した場合の画像表示方法ですが 下記の様にしてください。
これは HTMLを利用していますので いろいろなリンクを制限しているので それらを設定で変更
が出来ます。  コントローラーの HTML RX タブに行ってください。
受信HTMLリストの下に No META HTML と No JAVA Popup New Page と 
言うチェックボックスがあります。 これらの機能は
種類 説明 チェックの有無
No META HTML これは使用するHTMLの記述に <META> の定義で 新しいWebに接続させるもので時間が経過すると自動的に接続され同じ画面上に新しいHTMLが表示されます。 あり 新しいHTMLは表示されません
なし 新しいHTMLは表示されます
No JAVA Popup New Page これは使用するHTMLの記述に JAVAを記述し新しいWebに接続させるもので時間が経過すると自動的に接続され新しいページが別途に表示されます。 あり 新しいHTMLは表示されません
なし 新しいHTMLは表示されます
すべてにチェックが入っていると新しいページは表示されませんが チェックを外して受信した
HTMLリストから 見たいものを選び "Display HTML"ボタンを押すと すべて表示できますので
ご利用ください。 EP_Cam等LIVE中継を行っている方は両方のチェックを入れざるを
得ないと思いますので うまく使い分けてください。


2015年6月27日
フルスクリーンスライドショーですが まだ、 問題があるようです。 現在、テンプレートを含めて
マクロが簡単に展開できるように見直し中です。 また、運用周波数のユーザー設定、 画像に記入する文字の
色等 再起動時に再現してほしいとの要望もあり 合わせて改正を行う予定です。
フルスクリーンスライドショーは当面、jQueryの入っているslideフォルダーの位置を
直接HTMLのテンプレートに書き込んでいただく様にお願いします。


2015年6月26日
なお、申し遅れましたが、 他のソフトをお使いの方から、当方のソフトをシャットダウンするとtのソフトに
必要な画像ファイルが消されるとの指摘がありました。 はい、 その通りで同じ様なファイル名と
同じフォルダーを使用していますのでそうなります。 そこで この様なトラブルを避けるため当方のソフトは
送信専用のフォルダーで運用することにしました。 Ver 22B以降ですべての局に適用しています。
しtがって、 このような偶発的なトラブルが生じない様に当方の方で回避しましたので
 トラブルが生じない様に よろしくお願いします。 このバージョンでは送信フォルダー内のすべての
ファイルを削除する機能が追加されています。 現在 received.jpg だけが残ってしまっていますが
次のバージョンアップで これも CALL_received.jpgに変更する予定です。 この時は 申し訳ありませんが
テンプレートの変更が必要になりますので 各局対応をお願いします
<CHANGE_URL>receive.jpg となっているのを <CHCANGE_CALL>_received.jpg 修正することで
解決します。 よろしくお願いします。

2015年6月26日
久しぶりにURLマスターを整理してみました。 登録件数は342件、 このうちURLを持たない方が
118件 約34.5%で皆さん楽しまれています。 どうもありがとございました。


2015年6月23日
昨日、プログラムを変更しました。 それぞれのサーバでデジサイトと送信画像・データを明確に
分け管理をし易くするためのもです。 一部の方は既にこの方法でご使用になっていますが 
全局に適用することにしました。 
なお、この方法は当局及び開発協力者の新に考え出した著作になります。
 許可なくこの方法をプログラム等で使用することはお断りします。



2015年6月22日

昨晩、W局依頼事項のフォローと中途半端な共通化でしたので 完全に単独のコマンド体系と
しました。 用途に応じて使い分けて頂ければと思います。


2015年6月21日
昨晩、W局よりメールがあり No GIF、HTMLの表示関係でデフォルトの変更を依頼されております。
これらについては 状態を記憶し起動時に再現するようにします。
 また、根本的にプログラムを見直しています。 ほぼ完成していますが もう少しデバッグさせてください。


2015年6月18日
本日、W局のWEBサイトを見ると 当方のJT65-HF HTML FrontをEasyPalに使用する 英文のマニュアルが
出来上がっていました。 つたない 英語でマニャアルをメールを送りましたが 修正をやってもらい
素晴らしい出来です。
参考に見てください。  http://www.qsl.net/wb3jsw/ Click HEREをクリックすると
各種マニュアルが出てきます。  残念ながら東海岸がですので 実際にはQSO出来ていません。
毎日のように出ておられますのでトライしてしてください。


2015年6月8日
サーバー変更のため急遽バージョンアップをお願いしました。 対応、有難うございました。
さて、HTMLですが 使用しているサーバーによっては コマーシャルが出る物があります。
このコントローラーでは それらを取り除くために 一度ダウンロードして表示するようにしています。
その時、コマーシャルのスクリプト削除し表示します。 また、ダウンロードすると暗号化される 
スクリプトをお使いお方、1行当たりの文字数が500文字を超えるHTMLを作成の方等は 何かおかしい
と判断し表示しません。デジサイトにはデフォルトの画像でアップします。
更に、 ディスプレイのエリア確保のため HTMLの表示は75%縮小にしてあります。 JAVAの組み方で
縮小が有効でないものを使用されている方もおられるようです。 そのようなものの時は
HTML RX タブでHTML ADJUST のチェックを外せば 画面上を占有されますが OKです。
なお、此方で 提供するテンプレート類は縮小動作確認済みのもので安心してご使用ください。


2015年6月5日
さて、いろいろやってみましたが、プログラムの共通化と言うのはなかなか難しいようです。 
ユーザーの皆さまには申し訳ありませんがそれぞれの用途に応じて使い分けを
お願いするしかなさそうです。 よろしくお願いします。



2015年6月3日其の2
今、教えてもらったのですがデジサイト英語版では しっかりとコールが出ますね。 タイトルに周波数が
でなくなっているので 特にOnAirでDXなどは周波数が分からないんで どこか探さないといけないですね。
まあ 良いか Who is On Airを見ればどこに出ているのかわかるから、、、、
EasyPalもバージョンアップ出来ないので リチャードさんの方でデジサイトが対応しているようです。
いずれ日本語版も同じような表題の表示になりますね。 Who is on air の活用をお願いします。

2015年6月3日
久しぶりにEasyPalをいじくっていました。デジサイトに画像がアップされるとコールが出ないので
出るように後処理プログラムを付けてみたりしていましたが、 それなりのANTを付けないと

HYBRIDとは言え受信できなかったようです。 あた、JT65-HF HTML FrontがEasyPalでも使える様に
単独プログラムに改造しました。 これで EasyPalでもHTMLが簡単に使用出来るので
動画等が軽くなり 表示が早くなるのではと思います。


2015年5月26日
動画等大きなファイルをアップロードして、それをすべての受信者がダウンロードしてから表示するのは
少し時間が掛かりますので HTMLを利用すると 比較的軽く動くので大助かりです。
しかし、HTMLの作成は少し面倒です。 JT65-HF HTML Front を使えば多くのテンプレートが使えるので
必要なファイルは同時にアップロードされるので他のソフトを使う必要はなく 便利になります。
 もちろん、自作のHTMLも利用が出来ます。 一方、EasyPal では あらかじめ ファイルの転送や
HTMLの作成をあらかじめ準備しておく必要がありますが、 これが簡単に出来るように
JT65-HF Image ControllerのフォルダーにEasyPal フォルダーを作り その中に HTML Front で
転送時に作られたHTML をEasyPalフォルダーに CALL.html と言う名前で保存しますので
EasyPalのLoadAnyから CALL.html を 読み込んでやればOKになります。 プログラムは
完成していますのでテスターに試験をお願いする予定です。 
これでEasyPalもHTMLでにぎやかになるのでは、、、、、、

2015年5月24日
先ほど、サーバーの変更ついでに画像のフォーマットも変更しておきましたが、HTMLにバグが
あり 元の状態に戻しています。 プログラムは修正済みですが もう少しデバッグしますので
お待ちください。 
HYBRIDについては 現在使われている有名なサーバーを使う手もありますが
最悪のことを想定して 当面このままとさせて頂きます。


また、自由にファイルを送れるルーチンの追加ですが テンプレートなしで出来るように
修正は完了しています。 様子を見て 公開しますが、 ただ、何でも送れてしまうので
性善説では問題ないのですが、非常に危ないので信頼できる方から送信のみ開くようにしてください。


2015年5月23日 追伸
色々なファイルをコマンド化してやるのもプログラムの対応が大変です。 HTMLであればほとんどの
ファイルに対応が可能ですので JT65-HF HTML Front に 自由にファイルを転送できるセクションを追加する
予定で 同時にHTMLテンプレートも出したいと思います。 また、個人的な物であれば メール機能で
指定のURLにリンクが張れるようにしてありますのでご利用ください。

2015年5月23日
JT65-HF HTMLを含めてリアルタイムに種々の設定が変更できるように機能を強化することにしました。
現在でも JT65-HF Image Controlle 単独ではOKなのですが JT65-HF HTML Frontは再起動が
必要となります。 それを再起動なしに設定出来る様にします。
更に、別の良いソフトもディスクローズされて、ますます インターネットを通じた画像通信も盛んに
なるのでは期待しています。 JT65/JT9のモードもeQSLでは単独モードでDXCCにカウントされますし、
ARRLではデジタルモードとして、 WASではJT65モードのみが単独で認められていますが、
そのうち JT9も認定されると思います。 デジタル通信は比較的小電力でDXとのQSOが可能で
30WとショボイANTでARRL/DXCC150を獲得しています。 RTTYはKW & Big ANTが競争相手ですので
フルパワーで出していますが、、、 このディスクロージャーにより 小電力通信大好きなEUの方々、
BIG GUNで飛ばす 方々も 興味を示していますので 更なる ソフトが出てくると思いますし
そうなるように期待したいと思います。

参考ですが、のんびりとおしゃべりと画像交換を
楽しまれたい方は有料ですが 混信の心配のなく 音も綺麗なCQ100等のインターネット通信もお奨めです。
現在は、周波数帯域の関係で EasyPalは出来ない状態ですので 主としてPSKが用いられています。
JT65やJT9も 音声処理とインターネット回線のつながり方で 同じ時刻に合わせていても
信号到達時間が遅れますが 現状ではWの東海岸でも1秒以内に収まり 通信可能です。
大きな動画やテンプレートも改造して独自の15枚スライドショーのHTML等で楽しまれています。
因みに個人のWEBは必要なく 大阪、私(関東)、東北に個人の自宅サーバーが
常時1台以上が24時間稼働しており、使用するサーバーを指定してすべてのデータを転送しています。
東海岸から日本までだとアップロードに時間が掛かるので 更に西海岸、東海岸、カナダ、EUあたりに
サーバーをと画策していますが、ケーブルTV回線が多く 通信速度とFTP接続制限とで
実現は出来ていないのが現状です。 デジタルモードはいろいろな楽しみ方があります。
多いにエンジョイしましょう。 確か、CQ100は30日間無料だったと思います。 お試しください。
なお、これに使用するCQ100コントローラーはフリーで当方のHPで公開してますが
個人サーバーを使用するため登録が必要です。
2015年5月21日
参考ですが、 JT65-HF Image ControllerのRXタブの受信画像の下の右側にある
Other jpg にチェックを入れると PHOTOコマンドの場合 特殊なJPGを優先しますが 
もし そのファイルがない場合は 通常のJPGファイルを受信できるようになっています。 
今までは 使う機会がありませんでしたが 必要あれば活用ください。 
ただし、いたずらもあるのでこのソフトをお使いの方のみとなります。


2015年5月20日
ほぼ JT65-HF Image ControllerとJT65-HF HTML Frontも皆さまのお蔭で完成に
近づいたと思います。 まだ、少し バグがありますが大きなものではなく 通常の運用には
支障を来さないもですの 徐々に排除していきたいと思います。
今となっては良い思い出ですが、 こんな大失敗もありますので 紹介します。
当初コールのインプットはそれほど気を使わなかったのですが あるとき ヌル(何もない状態)が入ってしまい
プログラムの終了時に アップロードしている画像データーをコールをもとに消すようにしていますが
これがヌルとなったため Image1からImage30まで とその他の画像データもすべて消してしまうと
言う大チョンボをやらかしてしまいました。現在はいろいろチェックしてそうならない様にしていますが、、、
幸いに早く気が付いたので皆さんには影響は出ませんでした。

2015年5月13日
QSLサーバーのCGIプログラムですが、マニュアルにも書いてあります通り、当方ではUZUSIO、TOK2、FC2等で
しか確認しておりません。 その他のWEBをお使いの方は CGIプログラムが実行不可の場合や設置方法に
たとえば、cgi-binのフォルダーが不要とか等の違いがありますので お使いのWEBのマニュアルに
従ってやってください。 従って、 QSL Service Serverの設定方法は まず、 WEB index.html が 
確実に動くことを確認の後 設定してください。 

2015年5月7日

バージョンJT65-HFHTMLFront 5B でQSL関係でエラーになる場合は QSLサーバーにディレクトリーが
作成されていない可能性がありますので、下記の手順を行って下さい。
QSLタブに行く。 
Your QSLのチェックを外して Free QSLにする。
その下に Serverボタンがあるので これを押す。押せば必要なディレクトリーは自動的に作成します。
以上ですが、 次回のバージョンで修正しておきます。
また、受信したQSLを保存し表示したい場合は 下記の手順で新しいCGIを作成の上
index.htmlにリンクを追加してください。
filelist.cgi をコピーし 名前を filelictc.cgi とする。 メモ帳で filelistc.cgi を開き 上から4行目を

$dldir = "../QSL/NEW"; を $dldir = "../QSL/RCV" に変更し、保存する。
これをサーバーに転送し index.html に filelistc.cgiへのリンクを追加する。
また、ファイル属性は755としてください。
2015年5月5日
QSLカードのコールの字の大きさですがFontで変更出来ますが 変更時の表示は72ポイントまで
しか表示されません。 実際には90ポイントまで可能ですので 手動でインプットしてください。
この時、下の詳細項目と重なる場合がありますので 詳細項目の最上段に改行お入れて頂ければ
OKとなります。 QSLタブで更に下に広げると コールサイングラデーションが出て来ます。
Apply にチェックを入れ、 From に最初の色 to に最後の色を選ぶと コールの表示は
グラデーションになります。 また、 海外ではサーバーとしてQSL.Netを使われている局が多いのですが
どうも、 QSL.Net より提供されるCGIは動くのですが 個人的なCGIは動かないようです。
昨日、QSL.NetにWeb開設を申請し 許可になりましたので これから詳細を調査してみたいと
思います。 因みに QSL.Net は 無料で メールアドレスの取得 および Webページ開設が
出来ます。 


2015年4月23日
QSLカード用のサーバーを設置し そこからQSLをダウンロードして頂く様に考慮中です。
参考にマニュアルを作りましたので読んでみてください。

(サーバーが動いている時のみとなります)

2015年3月21日
インストーラープログラムをEasyPalと同じように変えてみました。 最初良く分からず このPCでうまく
行くのでとやりましたが 肝心のexeが変わらずご迷惑をおかけしました。
これで バージョンアップもセットアップも同じになりました。
Full Screen Viideo ですが 現状で動くことが確認できましたが少し工夫が必要なようです。
少々複雑ですが
 http://coliss.com/articles/build-websites/operation/javascript/jquery-plugin-bigvideo-js.html
詳細はここにあります。興味ある方は研究してください。
また、ここにもあります。私はこちらを使っています。
http://www.skuare.net/test/jbigvideo.html
なお、 JT65-HF Image Controllerで直接表示させることはできませんので 先ず、オープンHTMLを
作り META タグで 2-5秒後にビデオのHTMLに飛んでいくようにすればOKの様です。
お試しください。 また、 BigVideo用のプラグインは約27MB位の大きさでこれをサーバーに
アップロードしておく必要があります。 かなり大きいので サーバーの容量とご相談してやって下さい。


2015年3月2日
21.077MHzでロシアの新局2局がでてくれています。いずれの局も強く入感していますので ダイポールや
マルチバンドGPでも十分にQSOが出来ると思います。 お試しください。 なお、デジサイトは
RV6HW Vasily さん http://www.qsl.net/rv6hw/image1
RA9UEP Nikolay さん http://www.qsl.net/ra9uep/image1
です。 よろしければ登録してあげてください。
2015年2月27日
WSJT-Xで受信できないことや複数枚受かってしまうと言うトラブルがありましたが 漸く 原因が特定
出来ました。 WSJT-Xユーザーの方は バージョンアップをお願いします。
なお、 WSJT-X ver.1.4 ですが 1.3以前で使っていたファイルではなくすべての受信データが保存される
ALL.txtを使っています。 昨日、いろいろやっていて気が付きましたが All.txtの中身が何と1万件を
越えていました。 ALL.txt は 私の場合どこにも使っていないので 最新の1件を残し すべて 削除した
ところ 処理速度が格段に上がりました。 他にAll.txtを使っておられないなら 中身の整理を
お奨めします。 JT65-HF Image Controller の立ち上げ時に消せば良いのですが 他のソフトとも
絡みがあるように思いますのでそうはしていません。


2015年2月24日
19B ですが すべての受信がうまく動かないとのレポートを頂いています。 いろいろチェックしていますが
受信に関わる部分は14Bより修正していないので原因がつかめずにいます。
此方ではZIPからではなくコンパイルしたexeを直接入れ替えているのすが、この辺りの問題かもしれないので
再度、コンパイルをしてZIPを作ってみました。 区別のためバージョンは24Bとしています。
トラブルのある方はお試しください。


2015年2月4日
最近、HTMLの表示画面が大きいので、HTMLを小さくしておくと部分的にしかキャプチャーされず
まずいので、受信した画面を縮小して表示するように修正中です。ほぼ完成していますが
現在、確認テスト中です。

2015年2月2日
Video-Backでバグがありましたので修正しました。バージョンは02BBとしています。
2015年2月2日
1.HTML Front Creatorを試しに使って頂いていますが、評判は今一のような感じです。
やはり、HTMLの作成に慣れた方でないと使いずらいようです。公開はお預けの様です。
でも 希望があれば配布しますので申し出てください。 
2. JT65-HF HB9HQX EditionですがPCによっては WF表示や時計がちらつくとの報告がありますが、
同じスペックのPCでグラフィックボードの違う GT550(出ない) GT650(ちらつく)の違いで出るようです。
解決方法は見つかっています。 WFを書くサブルーチンの呼び出し方をタイマーではなく 
別なイベントを発生させてそれで呼んでやると解決の様です。(Tks JA2CKK/後藤さん) 
3 HTML最近送信されることが多いのですが、表示画面の大きさがバラバラで 困っていました。
そこで送信側のHTMLに希望する大きさを入れられるようにすることにしました。 02B Feb 2015 で
使えます。
2015年1月23日
HTMLをJT65-HF Image Controllerで作成している最中にHTMLを受信すると 作成中のHTMLが
デジサイトに上がってしまうトラブルがあります。 そこで単独で動く HTML Front Creater を作成し
Image Controllerとは切り離して動くプログラムを試験しています。
壁紙、壁紙に画像を使用、壁紙を一枚でやる、 音楽フィルを設定  画面 (各3種類まであらかじめ決めておく)

画像の画面 3種類まで設定できる HTMLをアップロードすると画像も送られる。
その都度も可能 レポートおよび氏名はHB9HQX/JT65-HFコントローラーと連動する

その都度設定する手間が半減するので便利に使えるようです。 HTMLのリンクするURLは自動的に
マクロで取り込まれるので 特別な設定以外はしなくても良い。 公開するかどうかは不明ですが
使用希望の方は連絡していただければお送りします。
2015年1月18日
JT65-HF HB9HQX Edition 0.9.94.0 ですが、 以前はお化けの受信がありましたが 94は全くそのような
受信は起こらず、快調です。でも、JAの数局の情報では、ウォターフォール(WF)が一瞬ちらつくことが
あるようです。 これはWFのリフレッシュの時にWFが消えて裏地が見えるのでちらつく様になるようです。
当局のPC(i7, i3, Duo Cerelon Win7) では起こっていないのですが、 当局と同じi7をお使いの局で
その現象が出ているようです。NVIDIAのGeForceのゲーム用のグラフィックボードが乗っかっていますが
最近はドライバーのアップデートを止めていますのでこの辺りの違いかもしれません。 
なお、作者の Beatさんでは この現象が出ないようで解決の目途が立っていないようです。

2015年1月15日
 HB9HQXでディションのソースを見つけましたので 0.9.94.0を直してみました。 朝から動かしていますが
今のところ 前のバージョンで見られたような お化けを受信すると言ったことはなさそうです。 送信出力も
画面上で調節できるので便利なようです。 細かくはまだ、チェックしていません。
周波数帯が変わりまして 下の方の活用の提案も頂きましたが、 下の方は RTTYやPSKでの
QSOが盛んで 特に JCC/JCGハンティングの移動局が盛んに出ておられます。 従って、 当面
音声が出せる 7.172MHzが最適かな??と感じています。 海外とのQSOは やはり メインは
7.076MHzの様で 多くのDX局が出ておられます。 少しコンディションが悪いのでQSOは近場DXのみと
なっていますが、、、、 そのうち出来るのではと期待しています。

2015年1月7日
 JA0AYH局より、HTMLの壁紙を1枚の画像でやりたいとの要望があり 機能を追加しました。
2015年1月5日
本日から新しいバンドプランがスタートしています。 早速、今夜あたりから7.076MHzでDXを狙って見たいと
思います。 最近HTMLの画像が主流となって来ていますが 更に面白くするために壁紙の取り込みも
簡単に出来るようにしました。 また、HTML、VIDEO、MID等のフォルダーにつきましては フォルダーの
場所を記憶させています。 当局の場合、通常2台のPCで運用してますが、 LAN上に LinkStationと言う
LAN用のHDDがおいてありまして、これを共通の画像、HTML、VIDEOになるように 仮想ドライブを設定して
運用しています。下のサンプルGIFの例ではZドライブが仮想ドライブになります。HTMLや画像も
同じ様にしていますのであちらからこちらにコピーと言うような手間を省け2台のPCで供用出来ます。
LinkStation等 LAN上に設置できるHDD/サーバーをお持ちの方はお試しください。
2014年12月31日
現在 新バンドプランに合わせた周波数表示が出来るよう01B/Jan/2015を調整中です。
いろいろご意見があると思いますが、とりあえず当局がQRV予定の周波数とモードを
右の欄にまとめておきました。 参考にご覧ください。
本年は大変の世話になりました。 来年もよろしくお願いします。
2014年12月30日其の2
間違いがありました。 狭帯域データは7,030kHzから7,045kHzまで
2014年12月30日
残すはあと2日、いよいよ押し詰まりましたね。 いろいろありましたが皆さんのご協力により
何とか新年を迎えらそうです。 有難うございました。
新年早々 バンドプランが変更され.H27年1月5日から施行されます。
詳細は下記の通りですが JT65関係では 7,025kHz 7,030kHzから7,045kHzまで
広がり狭帯域データとなります。
また、7,045kHzから7,100kHzまでの間は 狭帯域データを海外交信に使用することが出来ます。
7,076kHzがJT65の国際周波数になっていますので 今後 海外との画像交換が出来るかもしれません。
7,100kHzから7,200kHzは変更はありません。
SSTVが7,033kHzは駄目になりましたのでどこかへ移らないとならないようです。
現在、デジタル画像は暗黙の了解で
7,172kHz JT65/PSK HYBRID
7,175kHz EasyPal HYBRID
7,178kHz EasyPal
となっていますが、とりあえず、H27年1月5日からこのままで行くしかないですね。
これから 夜間の7MHzはDXが可能となりますが JT65も本来のUSBベースで使用したいので
7.076MHz or 7.077MHz/USBモードなるのでしょう。
オランダ局がこの周波数で画像交換をしているようで 7.172MHzでは出難いようです。
2014年12月29日
昨日はお騒がせしました。 先ほど リチャードさんよりメールが届き 必要な処置を取って頂くところでしたが
正式にはマスターに登録されていないテンポラリーのサイトであることが分かりました。 これもおかしいですね。
デジサイトMAPではいろいろとクレームをつけられたと聞いていますが、 自分たちのだけのプライバシーを
大事にし 他人のプライバシーをデジサイトに上げてしまうなんて信じられません。
なお、本日の設定は 本人確認のルーチンは外してあります。 従って、昨日判定した結果が
そのまま踏襲されますので 4度もIPアドレスを変えた方は本人確認がとれないままとなります。 
ご了解ください。 また、 その後、その方から自宅に直接電話があり、IPアドレスの件をデジサイトに上げろと
言うので 日本語と英語で当方のJQ1HDRにあげておきます。 従って、受信画像はJQ1HDR_2に
アップしますのでそちらの方で確認をお願いします。 参考になぜ個人情報をデジサイトに
アップされたのかお聞きしたところ お返事は 「俺はお前のことはすべてわかっている 正月に
お前の家まで押し掛けるぞ!!!」とのことでした。

2014年12月28日
いやあ〜〜びっくりしました。 デジサイトを見ていたところ 当局の自宅の地図、住所と名前、電話番号が
アップされていました。 今は消されて表示されていませんが 画像はダウンロードして保存してあります。
さっそく 画像を添付してリチャードさんに報告をし 明らかにデジサイトに対する
Violence であると 意見を付け 必要な処置をするように申し入れました。
どこで聞いたのか分かりませんが 当方のプログラムがIPアドレスで管理されているとのことで
幾度もIPアドレスを変更されてアクセスされる方がおられます。 はい、確かにIPアドレスやURL登録
等でユーザー管理はしております。 頻繁にIPアドレスを変えると プログラムはどうして良いか
判断できなくなり停止してしまいます。 このような場合は しばらくお待ちいただくと
回復する場合があります。 しない場合もありますが その時はお許しください。

いずれにせよ、 URLマスターの盗用、画像の抜き取り、プログラムへの不正アクセス等があり 
現在まで必要な処置を取ってまいりました。 オープンで公開しているプログラムで
ある以上 必要な処置を取らざるを得ないことへのご理解とご協力をお願いします。
2014年12月27日
いよいよ押し迫りましたね。 本年はいろいろ皆さんのサポートもあり無事に過ごすことが出来ました。

本当に有難うございました。 良い年をお迎えください。